ようやくパチンコをやめました。

私とパチンコとの付き合いはもう50年以上続いていました。
立ちっぱなしでやっていたころからの付き合いです。
パチンコの変遷もつぶさに見てきました。
パチンコも勝てば面白いですね。
画期的だったのは液晶の「777」が出てきた頃です。
このころが全盛期だったです。
ニュースで車の中に子供を置きっぱなしにして死なせたことも報道されました。
幼児がいるころはパチンコは控えた方が良いと感じました。
それほど主婦などを熱中させる面白さがあったのです。
私も勤めているときは毎日にのように会社の帰りに通いました。
カミさんがあきれていましたね。
私はほとんど飲まないので、道楽としては仕方がありません。
気分展開にはもってこいでした。
もうほとんどパチンコ依存症でしたね。
やめようと何回も思いました。
しばらく辞めていて、パチンコの話をしていると、また行きたくなるのです。
2週間とは持ちませんでした。
一番記憶に残っているのは、勝って孫のスベリ台をもらってきたことです。
このスベリ台はよくもちましたね。
孫が3人遊びました。
10年以上持ちました。
そのころには景品の商品が結構あったことです。
孫の遊び道具や自分の着るもの、バッグ等を取り換えました。
そのころはまあまあ勝つことが多かったですね。
その後年金生活になり、小遣いも少なくなりました。
また地元のパチンコ屋もあまり出さなくなりましたね。
それでも付き合っていました。
やめる後半には1円パチンコも出てきました。
しかしこれはあまり儲かりませんでしたね。
これは年寄りの遊び用です。
勝っても、負けても何千円です。
まあ面白さは4円パチンコと一緒です。
しかしいつも行っていたパチンコ屋さんがつぶれてしまいました。

私はここが気に入っていたのです。
後の所は狭かったり、混んでいたりで、あまりやる気がしなかったのです。
もう1軒は全自動です。
ドル箱がありません。
ドル箱を積み上げていくのに醍醐味があるのです。
そこでこれをいい機会にやめることにしました。
また新しいパチンコ屋さんが来たら復活するかもしれません。
今のところはもう1年以上やめています。
おかげで時間の余裕ができました。
今ではインターネットの囲碁で時間をつぶしています。